信頼できる、建築費情報の提供を。

計画立案から自社データとの比較・評価に。

様々な条件に対応した精度の高い情報。

分布状況をグラフ化して比較・検討。

JBCI(ジャパン・ビルディング・コスト・インフォメーション)とは

一般財団法人建設物価調査会が独自に収集した36,000件(1999年調査より)以上の契約価格データを基に、
最新の建築費の動向・傾向を素早く把握できるインターネット有料サービスです

発注者・設計者・施工者の方へ

建築プロジェクトの初期段階における事業計画立案や、設計方針の検討、工事費シミュレーション、
自社データの比較・評価など、幅広い用途にお使いいただけます。

不動産鑑定士の方へ

再調達原価の査定にあたって、用途・規模・地域などの建築条件に応じた
精度の高い情報をご提供いたします。

ER調査会社の方へ

数多くの建物用途の再調達価格について科目別に詳細なシミュレーションをすることができ、
分布状況をグラフ化して比較・検証できます。

JBCIのデータの特徴 data

信頼できるデータには理由があります。

幅広くお役に立ちます!

豊富な建物用途に対応

36,000件を超える契約価格データを利用し、75種類の建物用途(木造建物除く)の価格傾向を把握できます。

だから信頼できる!

実際の契約価格データ

実際の契約価格を分析対象としているため、建物の取引価格について信頼度の高い価格傾向を把握できます。

詳細な情報を提供!

様々な建物価格情報

総建築費だけでなく、科目別の価格の構成割合など、詳細な建物価格情報を把握することができます。

JBCIを知る3つの機能 feature

建築や不動産ビジネスに関わるお仕事をサポートする3つの機能をご紹介。

  1. 1

    Cost Information

    地区、用途、規模などの建物条件別に、建築費の傾向を素早く把握することができます。

    画面を見る
  2. 2

    My building Simulation

    任意の建物条件(用途・延床面積・階数など)による概算建築費(再調達価格・再調達原価)を算出。結果をJBCIレポートとして出力することができます。(基本利用料の他に利用料金が必要です)

    画面を見る
  3. 3

    JBCI Library

    建築費の動向や躯体数量の傾向などをPDF形式で閲覧することができます。

    画面を見る

ご利用料金について Price

本サービスをご利用いただくには、下記の料金が必要になります。

各サービスご利用・ご請求までの流れ Step

基本機能のご利用に加え、My建物シミュレーション機能もご利用の場合は、
ご利用・ご請求までの流れが異なりますのでご確認ください。

01
開始

JBCIサービス利用開始までの流れ

  1. step 01

    ライセンスの
    購入

  2. step 02

    ライセンス証書が到着

  3. step 03

    ライセンスコードを
    入力

  4. step 04

    利用者情報の登録

  5. step 05

    サービス開始

02
課金

My建物シミュレーションの課金の流れ

  1. step 01

    標準版か詳細版を
    選択

  2. step 02

    基礎情報を入力

  3. step 03

    詳細情報を入力
    (詳細版のみ)

  4. step 04

    シミュレーション実施
    データ保存(課金)

  5. step 05

    シミュレーション
    レポート出力

注意

一度課金された基礎情報(都道府県・建物用途・敷地面積)は変更できませんが、
その他の情報(例.階数・延床面積・構造など)を変更して、シミュレーションすることが可能です。

03
請求

My建物シミュレーションの利用料金ご請求の流れ

  1. step 01

    My建物
    シミュレーション実施

  2. step 02

    回数×単価の
    従量課金制

  3. step 03

    毎月末日に
    ご利用料金確定

  4. step 04

    請求書が到着

  5. step 05

    お支払い

よくあるご質問 FAQ

利用について

開く

Q

JBCIを書籍版で手に入れることはできますか?

閉じる

A

JBCIはインターネットによるサービスの提供に移行したため、書籍での提供はありません。
また、従来の書籍版JBCI(バックナンバー)の販売も終了いたしました。本サービスをご利用ください。

Q

スマートフォンやタブレットでも利用できますか?

開く

A

パソコンの利用を前提としており、現在のところ、未対応です。

Q

対応しているインターネット閲覧ソフトウェア(ブラウザ)はなんですか?

開く

A

本サービスのご利用いただくための推奨ブラウザは、Microsoft Edge Ver.40.0以上、Google Chrome 60.0以上です。

ライセンスコードについて

開く

Q

ライセンスコードとはなんですか?

閉じる

A

本サービスをご利用いただくために必要なコード(英数字16桁)です。利用者登録時にライセンスコードを入力してください。

Q

ライセンスはどこで購入できますか?

開く

A

建設物価BookStoreでのみご購入いただけます。書店等でのお取り扱いはございません。

Q

いつから利用できますか?

開く

A

利用者登録を行った日よりご利用いただけます。

Q

いつまで利用できますか?

開く

A

利用者登録を行った日の翌月1日を起算日として、ライセンス証書に記載の期間(通常1年間)ご利用いただけます。

データについて

開く

Q

JBCIのデータが対応している建物の内容(地域、建物用途)について教えてください。

閉じる

A

JBCIのデータは、全国の非木造建物に対応しています。なお、建物用途は75種類に分類しております。

Q

JBCIのデータが対応している時点について教えてください。

開く

A

JBCIのデータは1998年以降の建物価格情報に対応しています。また、指数を用いることで時点修正した建物価格を把握することができます。

Q

JBCIのデータはいつ追加・更新されますか?

開く

A

毎年5月(予定)に、前年の調査データが追加されます。

機能について

開く

Q

コストインフォメーションでは、どのような情報を見ることができますか?

閉じる

A

都道府県別・建物用途別の情報を見ることができます。さらに、規模や構造等の条件によりデータを絞ることも可能です。(データが少ない地域や用途もございます。)

Q

My建物シミュレーションだけを利用することはできますか?

開く

A

本サービスの特定の機能だけをご利用いただくことはできません。My建物シミュレーションを利用するには、ライセンスを購入し、利用者登録をしていただく必要があります。

Q

My建物シミュレーションはどのように計算していますか?

開く

A

一般財団法人建設物価調査会 総合研究所の研究成果を基に作成した計算式(重回帰分析による回帰式)を用いています。建物概要(地域・用途・規模等)の情報を基に建物価格を算出いたします。

Q

My建物シミュレーションの「標準版」と「詳細版」の違いはなんですか。

開く

A

標準版は科目区分が5科目に区分されているのに対して、詳細版は、より詳細な科目区分(13+1科目区分)に対応した概算価格についてシミュレーションします。

Q

My建物シミュレーションが対応している建物用途について教えてください。

開く

A

My建物シミュレーションは下記の建物用途に対応しております。また、すべての都道府県に対応しています。なお、対応する建物用途については順次拡大する予定です。

建物用途 大分類 建物用途 中分類
マンション 分譲マンション、賃貸マンション、ワンルームマンション、独身寮、家族寮
事務所 一般事務所、貸事務所
店舗 都市型店舗、大規模物販店、各種専門店、食品スーパー・コンビニ、ホームセンター、ショールーム、飲食店

Q

My建物シミュレーションで出力したシミュレーションレポートの著作権はどうなりますか?

開く

A

著作権は一般財団法人建設物価調査会が保持しますが、原則として本サービスの利用者による二次利用を制限することはありません。ただし、シミュレーションレポートの二次販売など著作権を著しく侵害する行為は禁止します。

Q

My建物シミュレーションの結果は、保存されますか?

開く

A

シミュレーションリストとして保存され、いつでも呼び出すことができます。

その他

開く

Q

利用契約期間中に解約した場合、返金はありますか?

閉じる

A

本サービスの特性上、利用契約期間中の解約については、原則として、返金することはありません。

Q

ひとつのライセンスを複数人で利用することはできますか?

開く

A

同一所在地にある同一組織の同一部署内であれば、最大15人までご利用いただくことが可能です。